相場振り返り

【2017年5月5日(金)】雇用統計(21:30発表)振り返り テクニカル分析

投稿日:2017年5月6日 更新日:


2017年5月5日(金)発表の雇用統計の結果を事前の分析と照らし合わせながら見ていきます。
【事前分析】【2017年5月5日(金)】雇用統計前 テクニカル分析

まずは結果から。

指標 結果 予想 前回
非農業部門雇用者数 211K 185K 79K
週平均労働時間 34.4 34.4 34.3
平均時給 (前年比) 2.5% 2.7%
失業率 4.4% 4.6% 4.5%
労働参加率 62.9% 63.0%
平均時給 (前月比) 0.3% 0.3% 0.1%

上記を踏まえてどのような動きになったか見てみましょう。

事前の分析で、USDJPY(ドル円)は前回の雇用統計の2017年5月5日(金)の終値の111.087から直近の安値である2017年4月16日(日)の終値である108.404を結んでみると、112.710付近に161.8%の抵抗があるということを書きました。

では、実際にどうなったかを見てみましょう。

USDJPY(ドル円)


前回の高値ということも当然あるとは思いますが、キレイに161.8%が抵抗になっているのが分かります。

それでは、21時半台にどうやって動いたかを見てみましょう。

1時間足 5分足
Open 112.452
High 112.757
Low 112.328
Close 112.528
最大変動幅 42.9pips

最初の5分で高値の112.757を付け、その後、112.328まで大幅に下落。そして、112.528で21時台を終えました。

終値は112.664になったので、高値でショートして持ち続けてしまったとしてもギリギリプラスで終了。安値でロングを持てていたら、30pipsほどプラスで終われたという結果になりましたね。

いずれにしても、あれだけ暴れる中でポジションを持つのはギャンブルでしかないので、勝ってもラッキーぐらいなのが雇用統計だとは思いますが。

今回の記事がよかった!というあなた!
ぜひシェアをお願いします!

-相場振り返り
-

執筆者:

関連記事

【2017年4月7日】雇用統計(21:30発表)テクニカル分析

ふと思い返すと相場の分析を書いていなかったなー、と思い、今回からそういうこともやっていこうと思います。不定期になりますが。 第一回目となる今回は毎月一回、FXをやっている人にとってはビッグイベントと言 …

フランス大統領選 第1回投票(2017年4月23日(日))翌日の窓開けはどうなったか?

前日の記事でフランス大統領選 第1回投票明けの相場がどうなるかをフィボナッチで分析をしてみました。 今回はその答え合わせといいますが、実際にどう動いたかを照らし合わせてみたいと思います。 チェックする …

トルコの国民投票でトルコリラはどう動いたか【2017年4月16日~4月21日振り返り】

日本時間の2017年4月16日(日)にトルコの国民投票があり、週明けは相場にどのような影響を与えるか注視したい流れで一週間が始まりました。 どう考えてもトルコリラしか影響がないと思いつつも、大きなイベ …

【2017年5月4日】FOMC(米連邦公開市場委員会)(03:00発表)相場振り返り

2017年5月4日(木)3時に発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の発表後の動きを振り返ります。 まずは結果から。 (速報)ドル円、一時112.584円 FOMC結果公表後 ドル円は堅調。米連邦 …