相場振り返り

トルコの国民投票でトルコリラはどう動いたか【2017年4月16日~4月21日振り返り】

投稿日:


日本時間の2017年4月16日(日)にトルコの国民投票があり、週明けは相場にどのような影響を与えるか注視したい流れで一週間が始まりました。

どう考えてもトルコリラしか影響がないと思いつつも、大きなイベントではあったので、ドルや円など、相場全体が出るのでは?と思っていたのも実際のところ。

まずは週明け。

USDJPY

EURUSD

スタンダードな通貨ペアであるドル円とユーロドル(それぞれ1時間足)を見てみるとまったく影響を受けていないのが分かります。多少窓を開けていますが、10pipsにも満たない開きです。

では、トルコリラを見てみましょう。

USDTRY

EURTRY

ご覧の通り、週明けは目を疑うほどの開きに。

チャートだけだと分からないと思いますが、USDTRYは780pips、EURTRY730pipsほどの開きがありました。78pipsではなく780pipsです。

異常も異常。年に1回見れるか見れないかのレベルです(フランスの大統領選挙のことを考えると、2017年は何度か見れるような気がしますが)。

こういう開きを見ると窓埋めトレードに挑みたくなりますが、一方で閉じずにさらに前週の終値から開いていく可能性があるので、かなりリスクがあるのでさすがにやりませんでした。

もちろん、リスクコントロールをしたロットで入ればいいだけの話ですが、そもそもトルコリラはスプレッドが40~60pipsもあるので、1ロットでいきなり4~8万円とかマイナスでスタートになるので、正直そこを埋めるのが大変です。

結果からすれば、チャートを見ての通り埋めているので、埋めるところまで狙えていたら爆益だったわけですが、それは結果論ということで。

フィボナッチで相場を振り返ってみる

今回のトルコリラの動きをフィボナッチで振り返ってみます。

USDTRY

まずドルトルコリラ。直近の高値である2017年1月27日を始点に、直近の安値である2017年2月23日を終点に結びました。

EURTRY

次にユーロトルコリラ。直近の高値である2017年1月30日を始点に、直近の安値である2017年2月23日を終点に結びました。

上記の期間でラインを引いてみるとなかなか面白いことが見えてきます。

USDTRY

EURTRY

このように1時間足に切り替えて見てみると分かりやすいですが、まずドルトルコリラ、ユーロトルコリラともにフィボナッチの23.6%付近でスタートしているのが分かります。

そして、50.0%まで上昇し、そこを天井に下落しているのが分かります。ドルトルコリラは50.0%を目指す前に、38.2%で一度止まっていますね。

もう少し見てみましょう。

USDTRY

まず、B1の23.6%でもみ合いが見られました。
ここで割ったら窓を閉じずに開いていく展開になっていたと思われますが、下がらないという判断になり、上昇の動きを見せる結果に。

上昇したものの、A1の38.2%がレジスタンスになり、ここで一度下落をしています。
その後、下げ切らず、二度目のトライで38.2%を抜き、50.0%に到達しています。

そして、A2では38.2%がサポートとなり、しばらくそこを割るか上に戻るかという動きをしましたが、7本先の足で下に抜けました。最後のA3ではまた38.2%が抵抗になり、今度こそ上に抜けることはないな、という動きになり、最終的には23.6%まで下落。

一度はそのまま下に抜けるかという勢いがありましたが、B2でサポートされ、そこを割ることなく、23.6%付近で一週間を終える結果になりました。

EURTRY

ユーロトルコリラでは、A1の38.2%が一度レジスタンスラインになるか? といった動きは見せたものの、一度も下がることなくそのままBの50.0%付近まで上がりました。

しかし、そこを天井に、38.2%付近まで下落。しばらくは50.0%と38.2%の間を上げるか下げるかはっきりしないレンジの動きになりましたが、しばらくして38.2%でサポートされることなく下にいきました。

38.2%を割ってから一度上に戻したものの、こちらも上げきらずに下落。そして、また落ちるか上げ戻すかの動きを繰り返しましたが、A2の38.2%の抵抗を抜け切れずに結局その下で推移する結果になりました。

最終的にはドルトルコリラのようにはっきりした動きは出ず、38.2%に向けて上げるか、23.6%に向けて下がるかはっきりとしない動きで一週間を終えました。

普段、トルコリラはトレードしないのでチャートを見ることすらしないのですが、こうやって振り返ってみると面白いものですね!

今回の記事がよかった!というあなた!
ぜひシェアをお願いします!

-相場振り返り
-

執筆者:

関連記事

【2017年4月7日】雇用統計(21:30発表)テクニカル分析

ふと思い返すと相場の分析を書いていなかったなー、と思い、今回からそういうこともやっていこうと思います。不定期になりますが。 第一回目となる今回は毎月一回、FXをやっている人にとってはビッグイベントと言 …

【2017年5月5日(金)】雇用統計(21:30発表)振り返り テクニカル分析

2017年5月5日(金)発表の雇用統計の結果を事前の分析と照らし合わせながら見ていきます。 【事前分析】【2017年5月5日(金)】雇用統計前 テクニカル分析 まずは結果から。 指標 結果 予想 前回 …

フランス大統領選 第1回投票(2017年4月23日(日))翌日の窓開けはどうなったか?

前日の記事でフランス大統領選 第1回投票明けの相場がどうなるかをフィボナッチで分析をしてみました。 今回はその答え合わせといいますが、実際にどう動いたかを照らし合わせてみたいと思います。 チェックする …

【2017年5月4日】FOMC(米連邦公開市場委員会)(03:00発表)相場振り返り

2017年5月4日(木)3時に発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の発表後の動きを振り返ります。 まずは結果から。 (速報)ドル円、一時112.584円 FOMC結果公表後 ドル円は堅調。米連邦 …