海外FX口座

海外FX口座『XM』を使うべき理由とは? 管理人も愛用しているXMを解説

投稿日:2017年3月26日 更新日:

Pocket

日本でFXをやる場合、レバレッジが最大で25倍とかなり条件が悪いので、海外口座で取引しているという方も多いと思います。

管理人はもちろんですが、管理人のトレード仲間も海外口座ばかり使っています。

今回は、管理人も使っている海外FX口座『XM』を紹介します。

XMは運用に有利?不利?

FXをする上でチェックするポイントはいくつかあります。

人によって違うと思いますが、多くの場合は手数料とスプレッドでしょう。

まず手数料ですが、XM Zero口座の場合は$100,000のお取引に対して$5(サポートに聞いた限り、1ロットに対して片道5通貨とのこと)掛かりますが、スタンダード口座は無料です。

また、XMはゼロカット(NBP)を採用しているので、想定外の動きがあって大きくマイナスになった場合でも入金額以上の損失をこうむることはありません。

この辺は特に海外FX口座では珍しい話ではないので特筆するところではありません。

そうなってくると、比較するポイントはスプレッドになってきます。

有名な海外FX口座と比較してみます。

通貨ペア XM LAND-FX Axiory TitanFX TradersTrust
USD/JPY(ドル円) 1.8銭 1.5銭 1.3銭 1.33銭 2.0銭
EUR/USD(ユーロドル) 1.7pips 1.5pips 1.5pips 1.20pips 1.8pips
EUR/JPY(ユーロ円) 2.4銭 2.2銭 1.8銭 1.74銭 3.2銭
GBP/JPY(ポンド円) 3.8銭 2.5銭 2.5銭 2.45銭 3.7銭
AUD/JPY(豪ドル円) 3.7銭 2.3銭 1.9銭 2.12銭 3.5銭

※表は平均スプレッドになります。相場の状況により、スプレッドは変動します。

このように比較してみると分かりますが、正直XMは海外FX口座の中では相当不利な条件です(実際には極端に広いというわけでないので、他がよすぎるという見方もできるのですが)。

だったら、他を使った方がいいんじゃない? と思うかもしれませんが、やはり利用するには利用する理由があります。

XMの口座開設はこちら

「2017年のベストFXサービス提供者」を受賞!(2017年4月5日(水)追記)

XMは、3月30日にロンドン市のThe Guildhallにて開催されたイベントにて、「ベストFXサービス提供者」賞をCity of London Wealth Management Awardsより表彰されました。

当然のことながら、適当な運営をしていたらこのような賞は受賞できません。

海外のFX口座では、いきなり潰れたり(資金を持って逃げている、意図的に潰しているというのもあると思います)、意味の分からない理由で口座凍結されたりすることが当たり前のようにあります。

今回の結果は、海外FX口座(アメリカであれば国内口座ですが)を利用している人による投票で決定しているので、利用者の信頼を損なうような運営をしていたらこのような賞を受賞することはなかったでしょう。

高い約定力!99.35%の注文を1秒以内に執行

海外に限った話ではなく、FXは約定力の高さがかなり重要です。

このレートでエントリー、イグジットしたいとオーダーを入れても約定しないのはトレードする側としてはかなりのストレスです。

XMは次世代型のNDD(ノン・ディーリングデスク)方式を採用しており、インターバンクに直接オーダーを出せる仕組みになっています。

通常の取引はFX会社を介してインターバンクに発注が行われるため、FX会社にとって有利になるように価格操作や約定拒否といったことが行われることがあり、結果としてトレーダーは不利な取引をさせられることになることが往々にしてあります。

インターバンク業務経験のある人に話を聞いたことがありますが、価格操作などを行っている証券会社は実際にあるようです(名前までは教えてもらっていませんが)。

その点、XMはNDD方式を採用しているので、XMが提携しているインターバンクに直接オーダーが出せるので、不利なレートで取引をすることがありません。

出金拒否がない

海外FX口座を使っている上で一番怖いのが出金拒否です。

いざ出金してみたら、「不正な取引が見受けられたので口座を凍結します」といった感じに出金どころか口座自体を凍結する会社も実際にある中、XMはそういった話を一切聞きません。

追証(マージンコール)なし

冒頭でも書いたように、XMはゼロカット(NBP)を採用しているので、たとえポジションと逆に動いて大きな損益をこうむっても、証拠金以上のマイナスを抱えることはありません。

例えば、10万円の証拠金に対して20万円のマイナスが出たとしても、責任として追うのは10万円だけです。

この時、口座の証拠金はマイナス10万円として表示されますが、時間が経つと0円にリセットされます。

そのため、マイナスになったからといって埋めるために入金をしなければならないといったことはありません。

レバレッジが最大888倍

FXの最大の魅力はレバレッジを掛けられることですが、結果として大きな損失をこうむって借金を抱えるという人が大量に生まれてしまったため、日本では2011年にレバレッジ規制が行われ、最大25倍までしかレバレッジが掛けられないようになりました(それまでは200倍、400倍が当たり前の世界でした)。

また、法人口座では250倍までいけましたが、2017年にはこちらも規制が入ります。

分かりやすく比較をしてみると…

証拠金 1万円 10万円 100万円
25倍(日本のFX口座) 最大25万円 最大250万円 最大2,500万円
888倍(XM) 最大888万円 最大8,880万円 最大8億8,800万円

※カッコ内の枚数はXM基準(1Lot(1枚)10万通貨)にて表記。

上記を見てもらうとわかるようにレバレッジの差がどれだけモテるポジションに差が出るかが分かると思います。

ただし、上記は単純に証拠金に最大レバレッジを掛けたらこれだけの資金分動かせるというだけの話で、実際にはポジションに応じた証拠金が発生します。加えてスプレッドもあるので、フルレバレッジといっても上記の枚数持つことはできません。

また、最大レバレッジまで持つのはギャンブルでしかないので、入れた資金に対するポジションの管理は絶対に必要です。

管理人的にはドル円なユーロドルなどであれば、1,000円で最小の0.01ロット(1,000通貨)運用できるという感覚です(というか、実際にそういう運用もしたことがあります)。

ちなみに、証拠金は日本だとほとんどが持ったポジションと等価で、XMの場合はポジションに対して0.1%が証拠金となります。

ドル円(例:120円)を1,000通貨持つ場合

ポジション 証拠金 最低証拠金
日本のFX口座 120,000円分 120,000円 240,000円 9,600円
XM 120,000円分 120円 120,120円 135円

※最低証拠金は「(ポジション+必要証拠金)/レバレッジ」で算出。

こうして見ると最低限必要な資金がどれだけ差があるかもレバレッジや最低必要証拠金から見えてきます。

ただし、繰り返しになりますが、レバレッジを最大限に掛けれいい、というわけではありません。

最大のレバレッジを掛けるということは、有効証拠金に対してギリギリのポジションということになるので、わずか1pips逆に動かれるだけで命取りになります。フルレバレッジは持った瞬間、すべての資金が溶けるリスクしかないので、くれぐれも自分のポジションだったらどれぐらい持てるのかの管理は絶対に必要です。

レバレッジの注意点

XMの場合、最大888倍までレバレッジが掛けられますが、保有している口座(XMは1アカウントで8口座まで開設可能)のトータル証拠金が200万円($20,000-)を超えたら888倍→200倍とレバレッジの規制が掛かります。

トータルの証拠金というのは、例えばA口座が100万円、B口座が100万円だとした場合、まだどちらの口座も200万円に達していないから888倍のままということではなく、100万円+100万円=200万円となり、アカウント全体(全口座)でレバレッジの規制が掛かります。

つまり、A口座が200万円、B口座が100万円だとした場合、A口座が200倍、B口座が888倍ということではなく、どの口座も200倍になるということです(実際に利用している人でも、意外とこの辺を勘違いしている人が多いです)。

さらに1,000万円($100,000-)を超えると200倍→100倍に規制されます。

これらの調整は事後報告なので、自動ではなく手動で行われているようです。

そのため、レバレッジの規制を受けたくない場合は200万円になる(あるいはなりそう)な時は一部を出金して口座残高を調整しましょう。

また、一時的にレバレッジの調整を掛けられても、また200万円以下(1,000万円の場合は1,000万円以下)にすれば、元のレバレッジに戻ります。

ただし、一度レバレッジの調整が入ると監視リストに入るのか、超えた時にすぐにレバレッジの規制がかけられます。

ただ、最終的に大きく稼いでいきたいとなってくると証拠金が必要になってくるので、ある程度自分が納得のいく金額を引き出したらそのまま証拠金を増やしていくのも一つの考え方です。

レバレッジ比較

証拠金 レバレッジ 実質保有可能金額
100万円 888倍 8億8,800万円分
200万円 200倍 4億円分
300万円 200倍 6億円分
400万円 200倍 8億円分
500万円 200倍 10億円分
600万円 200倍 12億円分
700万円 200倍 14億円分
800万円 200倍 16億円分
900万円 200倍 18億円分
1,000万円 100倍 10億円分
2,000万円 100倍 20億円分
3,000万円 100倍 30億円分
4,000万円 100倍 40億円分
5,000万円 100倍 50億円分
6,000万円 100倍 60億円分
7,000万円 100倍 70億円分
8,000万円 100倍 80億円分
9,000万円 100倍 90億円分
1億円 100倍 100億円分

※上記の保有可能金額はスプレッドや証拠金は考慮していません。

イギリスがEU離脱する時(イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票)や大統領選などのように相場の方向性が読めず、大荒れすることが予想される場合は、上記とは関係なく特別にレバレッジ規制がかけられる場合があります(この時は全口座がレバレッジ100倍になりました)。

こういったことはそう滅多にありませんが、規制が掛かる時は事前にメールが届くので必ずチェックするようにしましょう。

とにかく、最初の内は200万円未満で運用するのが最適というのが上記の表で分かるかと思います。

取引ごとに実際のトレードで使えるポイントが貯まる

XMの最大の魅力は「XMロイヤリティプログラム」です。

取引ごとにXMの口座で使えるポイントが貯まります。

ポイントの貯まり方は口座開設からの日数によって変わってきます。

ランク 日数 付与ポイント
EXECUTIVE 登録日~29日 10XMP/ロット
GOLD 30日~59日 13XMP/ロット
DIAMOND 60日~99日 16XMP/ロット
ELITE 100日以上 20XMP/ロット


XMポイントはクレジットとして指定口座に反映させる方法と現金として受け取る方法がありますが、管理人は絶対にクレジットとして使うことをオススメします。

確かに現金としてもらった方が嬉しいという気持ちはありますが、上記の画像を見ても分かる通り、換金率が全然違います。だったら、証拠金として口座に入れてそこから利益を上げた方が何倍もプラスになります。

その時その時で口座に追加して取引枚数を増やす、あるいは証拠金比率を大きくして安全運用していくというやり方と保険としてずっと貯めておくといった選択肢がありますが、管理人の場合は後者の保険として取っておくといったやり方をしています。

プロフィールにも書いている通りFX歴が浅いからということもありますが、保険があった方が万が一失敗してもリセットができるので、気持ち的にもゆとりを持ってトレードができています。

性格の問題だと思いますが、すべてのポイントを入れていたら、余力があればエントリーできるタイミングでエントリーしてしまい、結果としてリスクの方を増やすと思っているので。
XMの口座開設はこちら

EA運用も利用可能

海外FX口座では主流となっているMT4で使用できるEA(エキスパート・アドバイザー)ももちろん使用が可能です。

証券会社によってはEAの使用を禁止するところもありますが、その点もまったく問題ありません。

管理人が愛用している『AVANCER EA』もXMで運用しています。

Bitcoin(ビットコイン)でも入出金が可能!

2017年3月29日にXMからBitcoin(ビットコイン)で入出金ができるようになったとの連絡が来ました!

ただ、説明では「入出金」と書いていますが、2017年3月29日時点ではまだ入金のみしか対応していないようです。


数ある仮想通貨の中で唯一信頼を置かれているといっても過言ではないビットコインで出金までできるようになったらかなりアツいですね!

まとめ

最後にXMの特徴をまとめると、

  • スプレッドはやや他の海外FX口座と比べると広い
  • レバレッジは最大888倍
  • 取引するとXMポイントが貯まる
  • ゼロカットなので追証(マージンコール)がない
  • 約定力が高い
  • 出金拒否がない
  • EA(エキスパート・アドバイザー)の利用が可能

といったことが挙げられます。

海外FX口座に挑戦してみたいという方は、この機会にXMに口座開設をしてトレードしてみてはいかがでしょうか。

XMの口座開設はこちら

今回の記事がよかった!というあなた!
ぜひシェアをお願いします!

-海外FX口座
-,

執筆者:

関連記事

これから裁量トレードを始めるならXMよりもオススメの口座『GEMFOREX』

相変わらず更新頻度が少なく約一か月ぶりの更新となってしまいました。 管理人は基本的に海外口座のXMを使っているのは過去の記事でも何度か触れていますが、EAも裁量トレードもXMで行っています。 関連記事 …

XMが100%ボーナスをまさかのリセット!

2017年8月9日(水)… 事件が起きました。 XMが入金額の100%ボーナスを完全にリセットしたのです! XMは最初の$500を100%クレジットとして付与するシステムを採用しているのですが、日本円 …

人気の海外口座『XM』でBTC/USD(ビットコイン/アメリカドル)の取引開始!

昨今、ビットコインFXが活発化しており、海外ではPoloniex(ポロニエックス)、日本ではbitFlyer(ビットフライヤー)のLightning FXがパッと思いつくところですが、従来のFX会社は …

AI FXトレード開始!口座開設完了! 運用実績公開します!

いよいよ本日、AI のFX口座の開設が完了しました! ※2017年7月18日(火)をもって運用を停止しました。 詳細は後日記事にします。 詳細公開しました。 → AI FXトレードを止めた理由。実際の …